泌尿器科NEWS

2015年4月16日 木曜日

オーラルセックスで増える急性尿道炎

 もう1つはSTD(性行為感染症)です。男性の場合、急性の尿道炎というかたちで出ることが多くなっています。これも尿路とは少し異なりますが、外来で比較的よくみる疾患です。

 主な起因菌は淋菌性とクラミジアで、潜伏期間に若干の差がありますが、あくまでこれは傾向で、同時感染することもあります。原因としてはオーラルセックスが広まったことがあり、コマーシャルセックスワーカーのところでもらってくることも非常に多くなっています。比較的少ないクラミジアもやはりあります。

 これは国立感染症研究所のホームページから引用したデータですが、オーラルセックスと咽頭感染症の間には密接な関係があります。これはコマーシャルセックスワーカー以外の一般女性にアンケートをとった結果です。オーラルセックスはどのぐらいなされているかということを調べたデータですが、20歳未満で半分以上の方が必ずセックスの時にはしていると回答しています。全然しないという人は0%。2回に1回ぐらいはするかもしれない人が残り。これは20歳未満であって、20代から30代ぐらいになっても一定割合でオーラルセックスは当たり前のようになっています。なので当然、咽頭にクラミジアが感染してそこから感染経路となることもあるわけです。

 コマーシャルワーカーの場合、咽頭のクラミジア感染の割合は大体50%程度、一般女性では10%というデータが上げられております。このデータの信ぴょう性については何とも言えませんが、決して一般の人では起こらないことではないということです。

投稿者 すやま泌尿器科クリニック | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

 
Access すやま泌尿器科クリニック

【診療時間】
月・火・木・金 9:00~12:30/14:00~18:00 
水・土 9:00~12:30
【休診日】
日・祝祭日


大きな地図で見る

【住所】
福岡県大野城市白木原4-8-1
【最寄駅】白木原駅
【駐車場】6台

お問い合せフォームはこちら

ご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ