泌尿器科NEWS

2013年2月 6日 水曜日

前立腺癌検診

昨日前立腺癌検診講習会があって、参加してきました。

題目は、「前立腺癌検診の日米の比較」というものでした。

最近でこそ、日本でも前立腺癌という疾病が少しずつ認知されるようになってきましたが、それでもまだまだ不十分と言わざるを得ません。

米国では男性の癌の割合で見ると、前立腺癌が1位で肺がんが2位となっていとなっています。

日本でも近年患者数は増加しており、胃がんに次いで2番目です。

また前立腺癌で亡くなっている方が年間約1万人だそうです。

このように前立腺癌は少ない病気ではなく、実は日本人にも多い癌で、しかも癌死する人も決して少なくはない、ということをまず多くの方に認知して頂く必要があります。

米国では前立腺癌のキャンペーンなどがよく行われており、実際前立腺癌にかかった著名人が無償でテレビとかに出演して協力されています。

マスコミの方もテレビ、新聞などで無償でその場を提供しているそうです。


一方日本はどうかというと、キャンペーンを行うにも著名人、たとえば前立腺癌にかかったことを公表して世界一周マラソンを続けた間寛平さん、を呼ぶのに吉本興業が300万円請求したとか。

講演はおもしろかったそうですが・・。

また全国紙の1ページを割いて宣伝してもらうと数千万かかるとか、まだまだボランティア精神の欠片もないような状態なのです。

前立腺癌の検診を受ける率がそれを著名に表しており、米国は対象年齢の75%に対して、日本は増えたとはいえ25%程度です。



投稿者 すやま泌尿器科クリニック | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

 
Access すやま泌尿器科クリニック

【診療時間】
月・火・木・金 9:00~12:30/14:00~18:00 
水・土 9:00~12:30
【休診日】
日・祝祭日


大きな地図で見る

【住所】
福岡県大野城市白木原4-8-1
【最寄駅】白木原駅
【駐車場】6台

お問い合せフォームはこちら

ご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ