院長ブログ

2012年4月 9日 月曜日

糖尿病性硬化性包皮炎

糖尿病が原因で、包皮先端の血流障害から包皮炎を生じて包皮輪が狭くなり、包皮が剥けない。

こういう状態をしばしば見かけます。

20台から30台にかけの太った若年男性で、「真性包茎です」、「包皮が切れて痛い」という場合は、大方この病気です。




今日手術を行った患者さんは、まだ包皮が切れてはいませんが、包皮の先が厚くなってきて広がりにくくなってきており、いわゆる真性包茎の状態でした。

仙骨麻酔で麻酔を行い、背面切開で亀頭を露出、それから環状切除術を行いました。

仕上がりは GOOD!!

仮性包茎の手術よりかなり手間がかかるのですが、保険診療となると・・・・。

手術を行う疲労度を考えると採算性は全くないです。





投稿者 すやま泌尿器科クリニック | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

 
Access すやま泌尿器科クリニック

【診療時間】
月・火・木・金 9:00~12:30/14:00~18:00 
水・土 9:00~12:30
【休診日】
日・祝祭日


大きな地図で見る

【住所】
福岡県大野城市白木原4-8-1
【最寄駅】白木原駅
【駐車場】6台

お問い合せフォームはこちら

ご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ